坑内では安全が第一です

IMG_3549

坑内採掘において、作業者の安全ほど重要なものはありません。 これは、最も優先させるべきことなのです。

ケナメタルは、安全について真剣に考えています。 粉塵や振動が管理されていない場合、それらは坑内に安全上の大きな問題をもたらし、作業員のけがや生産停止を招き、さらには国から罰金を課せられることもあります。

そこで、当社は粉塵の量を抑えた坑内採掘用のビットを開発。さらに、騒音を抑えた坑内掘削用のビットも設計しました。 なぜなら、作業者の安全ほど重要なものはないからです。

粉塵を抑えて空気をきれいにしましょう

スリムな構造で超硬ロウ付けが施されたケナメタルのProPoint™ビットは、粉塵をさらに抑えながらより高い貫通力で石炭を切り出すように設計されています。 よりスリムになったツールは、石炭を手際よく大きな塊に切断するため、粉砕を行う場合よりも粉塵の量が少なくなります。  

大きな塊の石炭は選別や処理がしやすく、販売しやすいものとなります。 微粉炭や粉炭を販売用に処理するには高い費用がかかるため、それらは処分されています。 ProPointであれば貫通力が強く粉塵も抑えられるため、処理コストも下がります。

さらに、当社のブロックとドラムのデザインは合理化され、採鉱中の表面の衝撃面積も少なく、微粉化や粉塵が抑えられています。


騒音レベルの上昇を防止

ケナメタルのビット防音装置は、坑内採掘天盤さく孔時の騒音削減に関する業界標準品となっています。

他にこの技術を持つ企業はありません。

天盤さく孔時の騒音源は、ドリル鋼材とルーフの交差部の下4~8インチのところ、そしてドリルチャックの上側に集中しています。 ドリル鋼材は切削中に移動するため、チャックとドリル鋼材による騒音箇所も移動します。 これは、ドリルのオペレータに向けて非常に強いレベルの騒音を発生します。

坑内装置のオペレータは、勤務時間中に国が定める制限値を超えた騒音レベルにさらされてはいけません。 さらされた場合は、オペレータを作業エリアから移動させるため、その採鉱場所での生産が止まります。 これはコストがかかるものとなります。

ケナメタルのビットとチャックの防音装置は試験を受け、坑内天盤さく孔の騒音レベルを十分に削減することが証明されています。

ドリル鋼材-防音装置-ドリル鋼材という並びが、ドリル鋼材の全長を伝わってくる振動や騒音を遮ります。 当社のビット防音装置に対する試験では、さく孔作業時の騒音が3~8 db削減されることが証明されました。

ケナメタルのビット防音装置を標準のルーフビットや通常のドリル鋼材と組み合わせて、鉱山のさく孔騒音レベルを下げましょう。

今日から始めましょう!

ケナメタル営業担当(03-3820-2855)にお問い合わせください。今日から採鉱場で粉塵や採掘による騒音を減らしましょう。