石油・ガス生産

gas-plant-towers-prv

部品は、多くの場合、生産システムを要求の厳しい環境から守る最初の障壁となります。 特に何年にもわたって使用される部品の場合、その部品が生産に及ぼす影響は、部品のサイズに関係なく、極めて重要なものになります。

ケナメタルとパートナー関係を結んでいただけば、ケナメタルが貴社のエンジニアと協力し、部品によって生産を維持するためのマテリアル科学と製造に関する専門知識を提供します。 部品は、侵食、磨耗、腐食から保護する必要があります。ケナメタルは、流量制御弁、チョーク、海底システム、その他の部品の保護を可能にし、お客様の生産の流れを維持します。

流量制御

遠隔地にある老朽化した油田およびガス田は、年月を重ねるにつれてさらに厳しい状態に陥る可能性があります。 磨耗による損傷は常にある脅威であり、最終的な利益を考える際に最も心配される問題でもあります。 流量制御チョークは、このような損傷の影響を受けやすい、精密で複雑なアセンブリです。

ケナメタルでは、高度な流量制御が可能なカスタムソリューションと、お客様の生産ニーズに合わせたチョークアセンブリを提供します。 つまり、複雑なソリューションによって、シンプルな安心感を取り戻すことができます。

熱間等静圧圧縮成形(HIP)

海底用の部品やバルブ本体を製造する場合、溶接と加工の必要性を低減し、軽量化を実現することが求められます。

当社が提供する熱間等静圧圧縮成形(HIP)プロセスを使用すれば、このようなことが可能になります。 リードタイムが短縮されるため、これらの重要な部品をより早く製造することができます。

マニホールドの粗加工

マニホールドは、石油・ガス生産時に利用する水圧破砕作業に大きく関わっている部品です。 ケナメタルは、マニホールドのメーカーに対して、最大の切り屑除去率(質量)を達成しながら、同時に表面品質と穴仕上げも向上する方法をお教えします。 幅広い標準およびカスタムミーリングカッターと、マニホールド加工用の標準インサートから選択できます。

高い貫通力を必要とする場合、最大2.5倍の速度で使用できるように設計されたカスタム穴あけ工具をお選びください。

掘削同時計測(MWD)と掘削同時検層(LWD)

掘削を賢く行うには、同じくらい知的な工具が必要です。 ケナメタルは、知的なソリューションを提供します。 当社のチョークは、25,000フィート(7,620 m)以上の下穴での利用が認められているため、安心して深穴の掘削を行うことができます。

バルブの流量は地表から制御できるため、すべての段階を管理することができます。 当社では超硬部品も用意しているため、どのような特別なニーズにも対応できます。

「当社は、石油生産で使用される油井頭部用のフランジ、コネクタマニホールド、海底用部品などを製造しています。」とヒューストンに拠点を置くSun Manufacturing社の工場責任者、Steve Eldridge氏は言います。 Sun Manufacturing社は、4130鋼で製造された海底用フランジ付きスプール上に、ペックサイクルを使用して深さ8インチまで穴あけし、スペードドリルを使用して1分間に約1インチの送り量を実現しました。「KSEM PLUS™を使用すると、深さ8インチの穴あけを10倍の送り量で行うことができたのです。」 24個の穴を完成させるのに8時間以上かかることもあった作業が、38.4分で完了しました。「KSEM PLUSは、最初の使用ですでに元が取れました。」