石油化学

Refinery

浸食、腐食、磨耗は、石油化学品生産とは切り離せない問題です。 通常、これらによって部品の性能と寿命が決まります。 ケナメタルの被覆加工は、プロセスの複数の段階において、複数の方法で、お客様の装置を保護します。

サーモウェル

サーモウェルは、過酷な高温状態に耐える必要があります。 ケナメタルのサーモウェルは耐食性が高いため、このような過酷な環境にも耐えることができます。

ポンプ部品

搬送は磨耗が発生しやすい作業であり、ポンプ部品の寿命を縮めることがあります。 ケナメタルではポンプ部品を被覆加工することによって、その性能を最大で5倍向上します。

ケーシング、吸引ライナー、ウェアリング、インペラーの被覆加工も、同様の耐磨耗性を実現します。 当社では、炭素鋼からステンレス鋼、さらに二層材に至るまで、幅広い材料の被覆加工を行っています。 被覆加工は、直径が最大64インチ、重量が最大6,000ポンドまでの部品に適用できます。

分流器

石油化学品生産では、パイプ、チューブ、分流器、およびその他の搬送部品からなる経路が使用されます。 それぞれの部品には、破裂の潜在的リスクがあります。 破裂の発生は、生産に不具合を生じさせるおそれがあります。

ケナメタルの被覆加工は、搬送部品の強度を増して、破裂のリスクを大幅に軽減します。 保護されていない部品では、メンテナンスを目的とした計画的な生産停止をより頻繁に実行しなければなりません。 ケナメタルの被覆加工によって保護された部品では、保護されていない部品と比べて計画的な生産停止の間隔が10~15倍長くなります。

ボイラー管

ボイラー管のUベンド、ペンダント、およびその他の形状には、摩損性のある物質が常に流れることによって磨耗損傷を受けやすい性質があります。

ケナメタルの被覆加工は、ボイラー管のこれらの重要部位を保護し、保護されていないボイラー管の4~5倍にまで寿命を延長します。

被覆加工が施された部品は熱を均等に伝え、激しい熱衝撃にも耐えることができます。 ケナメタルの被覆加工ボイラー管はより長寿命で、寿命の予測も可能です。