プラスチック

Plastic_Tabs_horiz

プラスチック生産は、 生産量が多く、厳しい品質要件を伴います。 磨耗は、さまざまな形で発生し、生産プロセスの多くの部分に影響を及ぼします。 浸食、腐食、磨耗は、押出機バレル、ライナー、金型、パイプ、エルボー、バルブ、シュートを破損し、生産を中断させるおそれがあります。

超硬タングステンは、正しく適用すれば、ペレット金型、ナイフ、高圧プランジャー、バレル、スクリューの耐磨耗性を高めるのに最適な材料であると言えます。 ケナメタル独自の熱間等静圧圧縮成形(HIP)技術は、材料品質の均一化を可能にしてこのような厳しい要件を満たします。

当社の耐磨耗ソリューションには、耐老朽化性があります。 部品の寿命を、保護されていない部品の最大で15倍にまで延長します。

プランジャー

LDPE処理の信頼性を高める必要があるなら、ケナメタルのハイパーコンプレッサープランジャーをご利用ください。 ケナメタルのK94超硬材種は、業界標準のプランジャー材料です。 プランジャーの研削プロセスでは、厳格なサイズ管理を行うことができます。

もう1つのメリットとして、ケナメタルは現地での非破壊試験を実施することができます。 最大径7インチ、最長60インチのプランジャーを使用すれば、どのように大量な生産にも対応できます。

ペレット化プレート

ポリオレフィンの押出成形を適切に行うには、水中ペレット化プレートがキーとなります。 ケナメタルのプレートは、PD-21超硬チタンで製造されています。 当社のペレット化プレートは優れた熱保持性能を持つため、プロセス全体を通じて磨耗に耐えることができます。

この超硬チタン材種のペレット化プレートを使用すれば、オリフィス穴の閉塞とメルトフラクチャーに関する懸念も軽減されます。

押出バレル

押出機バレルは、常に厳しい磨耗条件にさらされます。 ケナメタルの耐磨耗コーティングは、浸食、磨耗、腐食に対する防御の役割を果たします。 当社のコーティングはバレル内の熱伝導を促進し、深刻な損傷のリスクを軽減します。

搬送システム

搬送システムにおいて、破裂は常にある脅威です。 配管とエルボーには特に高いリスクがあります。 ケナメタルの被覆加工材料は、搬送装置における破裂の発生を減少して実質的に排除し、安心をもたらします。

保護されたシステムでは、メンテナンスコストとダウンタイムが減少し、破裂による二次汚染を防止できます。

最大50%のガラスを含むAMODELポリフタルアミドペレットには摩損性が極めて高いため、ジョージア州オーガスタに拠点を置くSolvay Advanced Polymers社は、配管、特に搬送システムのエルボーにおいて日常的に発生する破裂に悩まされていました。 同社は、長半径ベンド、ポケット後方偏向、内面セラミックコーティング、内面ガラスコーティング、超硬タングステンコーティングを施したエルボーを試した後、ケナメタルのConforma Clad™を使用するようになりました。その結果、エルボーの寿命を21日から9年以上に劇的に伸ばすことに成功し、年間の人件費、部品費、生産時間の損失によるコストを大幅に削減しています。