ステンレス鋼バーストックの加工

grooving_action

ステンレス鋼の突っ切り加工を行う場合に直面する共通の課題があります。

部品: ステンレス鋼バーストックの加工

課題: 旋削加工、溝入れ加工、突っ切り加工利用時の、複数のインサートの使用とワーク材の無駄に関連するコストの削減。

必要なソリューション: 自動バー送り機を使用する場合に、1年間に何千回も行われる切削作業によって生じる過度の無駄を解決するソリューション。 部品には使用されず全くの無駄となる「切り屑」が、何千フィートも発生しています。 突っ切り加工では、ミリメートル単位の加工で被削材の無駄が生じます。 被削材とコストの無駄を削減するソリューションが必要です。

ケナメタルのソリューション: A4™プラットフォームには、切込み量を最小限に抑える非常に強力な切れ刃を持つ-GUP形状というソリューションがあります。 このソリューションでは、より小型のインサートを使用することにより、無駄になる被削材の量を大幅に抑えることができます。

さらに、確実で剛性の高いクランピング構造が、切削中、インサートをしっかりと保持します。 これは、切削時の余分な動き、つまり無駄がなくなることを意味します。