ステンレス鋼部品の加工

grooving_action_2

ステンレス鋼部品の加工時に直面する共通の課題について考えてみましょう。

"全自動"生産の改善

部品: ステンレス鋼部品の加工

課題: 機械オペレータが不在の状態で「全自動」生産を行う際に、インサートの深刻な早期損傷が発生するリスクの低減。

必要なソリューション: 加工時に部品の損傷につながるインサートの早期磨耗を防ぐソリューション。 このタイプの磨耗は繊維状で粘着性のある質の悪い切り屑が原因で発生し、部品の品質低下につながります。 このような切り屑は部品に絡みつき、部品やインサートを損傷することがあります。 さらに、次の日に現場に戻るとまた損傷が発生していることもあります。

部品は廃棄または修理しなければなりません。 ステンレス鋼は傷が付きやすいため、予測可能で信頼できる安定した品質を実現しなければなりません。 全自動加工の実行中、工具が作業を行っているという確信を得られることが必要です。

ケナメタルのソリューション: 当社のA2™突っ切りプログラムで使用される革新的なCLチップフォーマインサートが、切り屑の問題を解決します。 切れ刃に成形されたチップブレーカーランプ角により、切り屑がブレードから離れる方向に流れます。 これにより、ブレードの寿命が延長します。

Beyond™ KCU25™材種のインサートもお選びいただけるため、予測可能性と信頼性を実現できます。 つまり、作業員が不在の状態で全自動運転を行っている間、インサートが作業を行っているという確信を得ることができます。