燃料効率の向上

Fuel Systems Hero

次に車を運転するときには、自動車製造において燃料効率のあらゆる側面にケナメタルがどのように貢献しているか考えてみてください。

燃料インジェクターシステム

燃料インジェクターシステムのコモンレールに穴を加工する場合、穴の端部に小さな亀裂が形成されることがあります。 これらの亀裂は、圧力が非常に高い(1,000 barを超える)場合に、燃料インジェクターから繰り返し発生するパルスによって疲労破壊を引き起こすことがあります。

ケナメタルエクスツルードホーン は、砥粒流動加工(AFM)プロセスおよび電解加工(ECM)プロセスによって端部の亀裂と疲労に対応します。 エクスツルードホーンの特殊なAFMパテが穴に行き渡ると、亀裂が滑らかになり、適切な穴径が維持されて、安定した穴公差と燃料プルームが実現されます。

吸気バルブ

ケナメタルは、シリンダーヘッドの製造に当社のRIQ Quattro Cutインサートを使用することによって、部品1個の加工にかかるコストを大幅に削減しています。 この4枚の切れ刃を持つインサートは、ポケットシート内にある高精度な鋸歯部分(特許取得済み)にセットされます。 他社の類似のインサートには2個の止めねじが必要であり、精密な相互調整を行わなければなりません。 当社のRIQインサートは1個のねじだけで簡単に角度精度を保つことができるため、時間を節約し、調整誤差のリスクを抑えることができます。

その他にもメリットがあります。 4面インサートでは、各インサートが3通りのシート角度でそれぞれ4回の割り出しを行えるため、12枚の切れ刃で作業するのと同じことになります。 使用していない切れ刃は、ポケット内で保護されます。

シリンダーボア

過去数十年の間に、エンジンピストンは短小化されてきました。その目的の一つは車の軽量化です。 ピストンの短小化の他に、高圧、高温、短ストローク、高回転数などの条件が加わることによって、材料、表面、シールに関する要求が厳しさを増しています。 これらの条件は、シリンダーボアの形状をより円筒に近いものにして、シリンダーヘッドに不均等な燃焼圧を加わるのを防ぐ必要があることを意味しています。

クローズドループボーリングを採用した当社のRomicron精密ボーリング工具を使用すると、1クリックするだけで、簡単に最高1 µmまでの正確な工具調整を行うことができます。 中央のダイヤルを使用して、1枚または複数の切れ刃の調整を行います。 従来の精密ボーリングシステムによく見られるクランプねじは使用されておらず、予測不可能なバックラッシュが発生することもありません。

ターボチャージャ

ターボチャージャの加工では、穴の精度が非常に重要です。 一般的には、正確な穴あけを行うにはドリルを厳密な対称にする必要があると考えられています。

しかし、ケナメタルの考えは違います。 従来の対称ドリルは、振り子効果を発生させ、その結果、三角形の穴が形成されることがよくあります。 ターボチャージャなどの自動車部品にチタンやニッケルベース合金を始めとする難加工材が多く使用されるようになり、穴精度はますます難しい課題となっています。

当社はこの課題に取り組み、これを解決するためにY-TECHドリルを設計しました。 このドリルの不均等なスペースは横力を発生させる設計となっており、穴内でドリルを安定した状態に保ちます。 振り子運動は発生せず、穴が三角形になることもありません。 まっすぐで丸型の穴を形成できます。

さらに、ドリルの信頼性が高まり、一般的な超硬ソリッドドリルと比べて生成されるスクラップ材の量が減少し、寿命が長くなります。