ドリルシステム

IMG_3343

ケナメタルのビット防音装置は、坑内採掘天盤さく孔時の騒音削減に関する業界標準品となっています。 他にこの技術を持つ企業はありません。

ビット防音装置

ケナメタルのビットとチャックの防音装置は試験を受け、坑内天盤さく孔の騒音レベルを削減します。

坑内天盤さく孔は、ドリルのオペレータに向けて非常に強いレベルの騒音を発生します。 坑内装置のオペレータは、勤務時間中に国が定める制限値を超えた騒音レベルにさらされてはいけないため、できるだけ騒音を削減することが重要です。

ドリル鋼材-防音装置-ドリル鋼材という並びが、ドリル鋼材の全長を伝わってくる振動や騒音を遮ります。 当社のビット防音装置に対する試験では、さく孔作業時の騒音が3~8 db削減されることが証明されました。

ケナメタルのビット防音装置を標準のルーフビットや通常のドリル鋼材と組み合わせて、鉱山のさく孔騒音レベルを下げましょう。

 

ProBoreルーフビット

坑内天盤さく孔にねじれを加える

当社のProBore™ビットは、天盤さく孔時に新しくねじれを加える本体の構造(特許取得済み)を特徴としています。

このヘリカルフルート設計は、切削した岩と粉塵を中央チャンバーに引き入れ、さく孔動作から排除します。 このねじれた本体の構造が溝付きドリルのような働きをし、粉塵を切削部から取り除きます。

つまり、

  • 切削速度が20%超上昇します。
  • 機械のオペレータの安全性が向上します。
  • チップの磨耗と熱の発生がかなり抑えられます。
  • 粉塵の採収が向上し、ドリル鋼の詰まりが少なくなるため、さく孔時の低速動作も少なくなります。
  • 切削抵抗が小さくなるため、ドリル鋼の湾曲が大幅に減り、切削部からの取外しが簡単になります。

2点形状タイプは、要求の厳しい切削条件や貫通速度に対する柔軟性を持っています。