部品単価プログラム

頼りになるパートナー

例えると、理想的なゲストを家に招くようなものです。 当社はお声をかけていただいたときに訪問し、自社のスタッフを使い、滞在中にお客様を支援します。 そして、お客様には無駄遣いをさせません。

ケナメタルの部品単価(CPP)プログラムは、お客様の工場にとって理想的な「ハウスゲスト」となり、実績ある生産方法で経済性を保証します。 CPPプログラムでは、工具を管理し、効率を高め、成果を追跡することによって全体的な部品単価が削減できます。 当社は個別の部品単価を低減し、お客様のパートナーとなって長期間にわたる成功をもたらすことをお約束します。

CPPプログラムは次のようなお客様に最適です。

  • 単一の部品を大量に生産する工場
  • 大量の消耗工具(ドリル、インサート、エンドミル等)を消費する工場
  • 切り屑除去率が高い工場

ご利用方法

当社はお客様の生産プロセスをステップごとに分析し、現在のプロセスの基準値と部品単価を把握します。 次にお客様の工場内に作業場を設置し、契約期間中、お客様の生産プロセスを向上させるために当社はお客様の「ハウスゲスト」になります。

 

ケナメタルのオンサイトスタッフは1人~10人で、工具エンジニア、現場マネージャ、および工具のプリセッター(工具を工場内の必要な場所に運び、生産エリアから使用済み工具を取り外し、使用済み工具を再研磨し、組み立て直し、それらを機械に戻し、使用できる状態にする担当者)が含まれます。

リスク削減

当社のオンサイトスタッフがお客様の工具置き場を管理します。またケナメタルの工具は契約期間を通して委託対象です。 在庫の目減りや発注費の加速がなくなります。 これはお客様のビジネスにとってリスク削減に大きな効果をもたらします。

 

多くの利点

ケナメタルのエンジニアリングサポートはオンサイトで毎日行われます。 当社は進行中の改善プロセスを測定し、試験、生産性、および経済性を追跡して可視化することによって業績結果を公開します。

 

当社は、お客様の工場内外で工具を予約するために最新の工具管理ソフトウェア(ATMS)を使用します。またこのソフトウェアを、工具のプリセット、SAPとの発注データのやりとりの自動化、工具データの共有、正確なコスト分析レポート、およびユーザー許可設定による確実な工具追跡にも使用します。

 

ケナメタルの部品単価プログラムに対する専門家の声


「このプログラムでは、ケナメタルのスタッフがクライアントの施設内にサービスチームを配置し、会社の工具在庫を管理し、工具をプリセットし、工具を生産現場に届け、生産成績を継続的に最適化してくれました。 ケナメタルのプログラムは、従来の生産品と作業料金ベースのプログラムから、ケナメタルが実際に個々の適切な加工部品を補う仕組みに大きく発展しました。 この方法によって、工場の成功と経済性を達成することで実現する生産性を、ケナメタルとクライアントの双方が直接共有できるのです。」
- "Tooling and Production"誌、2007年9月

*現在日本国内では本プログラム対応未定です。