「あれはどこだっけ?」という言葉を現場のいたるところで耳にするなら、効果的な工具管理システムを導入するタイミングです。

ToolBOSS™は、まさにそういうシステムです。 自動販売機ではありません。 ケナメタルのToolBOSS™は超硬インサート、ドリル、タップなどの高価な工具を24時間管理し、工具保管キャビネットを安全に電子施錠します。 このシステムは工具の取出し、返却、再加工するための返送を行い、EDI注文に対応しています。またマルチベンダセキュリティ機能を搭載しています。

その上、利用しやすいのが特長です。 ユーザーにはアクセス許可が与えられ、許可された工具のみ選択できます。 各処理はToolBOSS在庫管理ソフトウェアを通してすべてタイムスタンプ付きのログが取られています。

システムの利点


• 工具在庫を約50%削減
• 工具にかかるコストを最大30%削減
• 手作業での在庫補充と比較して諸経費を最大90%削減
• 道具使用データから前年比最大6%削減
• 工具の置き間違い、紛失、所在不明が劇的に減少
• 工具が利用できないことによる機械のダウンタイムがほぼゼロに

ケナメタルにお任せください。 当社は競合他社のシステムとは異なる機能や利点を備えた保管・追跡システムを数多くご用意しています。

Moduloユニット

無駄を最大40%削減したくはありませんか? 当社のケナメタルToolBOSS™とModuloユニットを組み合わせると、それを実現できます。 Moduloは非常にお手頃な価格で大容量マシンをご用意しており、お客様の在庫を管理し続けることで競争力を維持します。

シングルユニットには、最大3段階のサイズで最大120個の引き出しがあり、最大10台のModuloマシンを接続できます。 ToolBOSSソフトウェアを利用すると、工具へ24時間アクセスでき、収納部単位で同時に1個以上の工具をすばやく検索し、選択できます。 手動オーバーライドも必要に応じて利用でき、セキュリティも異なるレベルで設定できます。

Roto-Point

現場のスペースが狭いにもかかわらず異なるサイズの品目を大量に保管する必要がある場合、当社のRoto-Point安全保管ユニットは賢い選択です。

Roto-Pointは定期メンテナンスが不要で、スタンドアロンユニットとして運用できます。また、インサート、ツールホルダー、エンドミル、MROアイテムといったさまざまな使用頻度の高い品目や低い品目を幅広く保管します。 このユニットでは、シングルユニットあたり36個から468個まで規模を変更できます。 ToolBOSS™ソフトウェアは1つの収納部単位でセキュリティを制御でき、ユニットから完全な在庫使用履歴を取得します。 Roto-Pointは1システムあたり最大10ユニット、安全保管収納部は最大4,680個まで拡張できます。

Journeyman

ToolBOSS™ Journeymanシステムを利用すると、業界標準の工具キャビネットに便利な引き出し単位のセキュリティを追加できます。 これによって 他の引き出しはすべて施錠したままで、特定の引き出しだけを解錠できます。

ToolBOSS™の簡易版と組み合わせれば、工具を容易に保管し、検索し、使用履歴を追跡することができます。 ソフトウェアシステムの使い方は簡単で、機械やジョブ、ユーザーとともに、再加工やリサイクルの管理に役立ちます。

 

LID

ToolBOSS™ LIDは最大324個の引き出し収納部があり、ユーザー設定可能です。 ToolBOSSソフトウェアによって、ユニット内を2つのレベルでセキュリティ管理できます。 つまり、引き出しと、それぞれの引き出しの収納部の蓋が施錠できます。

ToolBOSSがコスト削減に役立つ理由

在庫は業務において、スペース的にも金額的にも大きな位置を占めています。 この投資を安全に管理する方法をご紹介します。 今すぐna-help.desk@toolboss.com、またはフリーダイヤル888-281-8080までお問い合わせください。