No Items in Cart
日本語
コロナウィルスCOVID-19: ケナメタルの対応について
重旋削加工の被削材
重旋削加工の被削材
重旋削加工の被削材
重旋削加工の被削材

アドバンスドマテリアルインサート

重旋削加工の被削材

Metric
Inch
SAP Material Number 5111558
ISO Catalog Number CCGW2151EFWMT*DO NOT USE*
ANSI Catalog Number CCGW2151EFWMT*DO NOT USE*
Grade KB5610
See all Product Variants

Workpiece Material

H

Grades

  • KB1610

    組成:超硬インサートに、低CBN含量のPCBNチップをロウ付けした材種アプリケーション:最適な表面仕上げが必要な硬化鋼(HRC 45超)へのスムーズな切削の精密仕上げ用に設計されています。軸受鋼、冷間および熱間加工の工具鋼、ハイス、ダイス鋼、焼入れ鋼、浸炭硬化鋼と窒化鋼、および一部のハードコーティングに使用します。軟質鋼には使用しないでください。

    H
  • KB5610

    組成:耐磨耗性を強化した、PVD-TiAlNコーティングの低PCBN含量材種アプリケーション:硬化鋼(HRC 45超)の精密加工用に設計されています。PVDコーティングは耐磨耗性を向上し、優れた表面仕上げ品質を実現します。軸受鋼、冷間および熱間加工の工具鋼、ハイス、ダイス鋼、焼入れ鋼、浸炭硬化鋼と窒化鋼、および一部のハードコーティングに効果的に使用することができます。さまざまな刃先処理、インサートスタイル、およびワイパー形状のマルチチップ形式でご用意しています。

    H
  • KB9610

    組成:有害なクレーター磨耗から保護するためのTiN/Al2O3/TiCN
    CVD付き低含量PCBN材種。
    用途:KB9610材種は硬化鋼(48 HRC超)の精密加工用に設計されており、
    硬い鋼ほどよりよい加工品質を発揮。KB9610
    は軸受鋼、熱間・冷間加工工具軸、
    ハイス、ダイス鋼、焼入れ鋼、浸炭硬化鋼と
    窒化鋼、および一部の硬質コーティングに効果的に対応。軟質鋼には使用しないこと。
    最適な結果を得るには、外径加工にネガのすくい工具、
    内径加工にポジの工具を適用。KB9610材種は、刃先処理の幅が
    非常に広く2種類のワイパー形状がある
    マルチチップ形式で利用可能。

  • KBH10

    Composition: A low content PcBN grade with a patented binder structure.

    Application:Designed for the precision machining of hardened steels (>45 HRC).  It can be effectively applied on bearing steels, hot and cold work tool steels, high speed steels, die steels, case hardened steels, carburized and nitrided irons, and some hard coatings.  Available in a multi-tip format with a wide range of edge preps, insert styles, and wiper geometries.

    H
  • KBH20

    組成: 耐摩耗性を強化した、PVD TiN/AlTiNコーティングの低PcBN含量材種。

    アプリケーション: KBH20™は、連続加工から軽度に断続的な加工のアプリケーションに最適なPcBN重旋削用材種です。その構造とさまざまな刃先処理により、繰り返し精度の高いワーク材公差、優れた表面仕上げ、および表面の完全性を実現します。代表的なアプリケーションには、ギヤ、シャフト、その他の駆動系部品などの焼入れ部品があります。

    H